スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うおっしゃあ!

卒論口述試験終わったぜ!一昨日だけど!
今度もオワタ\(^o^)/の方じゃないのでご安心ください。
3枚の発表資料を35人分、トラブル抜きで印刷してくれた我が家のプリンター君も、卒論のスペシャルサンクスに加えてあげたい心境です。あ、それから新米パソコンのシルヴァンも。セフィーとバジるんは故人だから除外ね(酷)
これで当分学校に行く用事もなくなる訳ですが……そうなると日記のネタに困るのよねー…。いっそこれを機にアウトドア人間に転向してみるのはどうだろうと考えつつも、交通費諸々を考えると頭痛がしてくるので、やっぱりやめるのでありました。



まだ本文が短いので、更新した小説の言い訳でもしましょう。
あの話の裏テーマは『凹みマルス』だったんですが、実際あんまり凹んでるように見えないのは、トラウマに触れられた王子が逆に理性プッツンしているからでしょうか。王子はああ見えて繊細な人だから、あんまりフルボッコにしないであげてくださいね。といっても、ネスは間違いなく確信犯。
ここで初めてドンキーをメインキャラとして投入できました。あとお題小説でメイン登場していないのはアイスクライマーの二人とゲーム&ウォッチ辺りだった筈。オールキャラ制覇も夢じゃないね!





拍手返信
出雲レンさん>
おお、予約!未だに店に行くのがめんどくさくてペケスマを予約していない、そんなスマブラ好きな私です。大丈夫、発売日にはきっと手に入れますよ。兄者がパシられてくれると期待して(ザ・他力本願)
明智様といったら、巷で変態と大好評のあの人じゃありませんか……;いや、例え中身変態であろうと、ギターやマイクでがっつんがっつんやる人は絵的にいい!


ミゲルさん>
勇者テレビへの弔いありがとうございます。これできっとあの子もちゃんと彼岸を渡れるでしょう……今はまだコンセント抜いただけで、そのままの位置を陣取ってますけど。
も、申し訳ない;テレビは家族共用だからこれといった名前はないのです。
今からでもいいからつけましょう、戒名。えぇと……黒いから、やっぱり黒子さんかヤミ子さんの二択しか思い浮かびません。


12日19:15の方>
面白いとの感想ありがとうございますv
ネス&マルスの公式的繋がり皆無コンビは、私個人もひじょーに気に入っています。思わず強調文字も使っちゃうですよ。
なので今後も出番いっぱいなのでご安心ください(ぇ)むしろ彼ら二人の喧嘩+巻き込まれる人々でまるまる短編書いてもいいぐらいだ!話を如何にしてまとめるかが非常に難点ですけれど。


13日15:15の方>
誰かと一緒にカラオケへ行った時は、宇○田ヒ○ルの「First love」が多めです。店員さんがドリンク持ってきた時でも安心していられる素敵な一曲。
一人カラオケの時は最近のお気に入り、いと○か○この「I bless thy life」。まぁこれも例に拠らず、アレなゲームのテーマソングなんですが……。(´・ω・`)
でも曲自体はかっこいいので、興味があったら某動画辺りで聴いてみてください。
あとはその日の天気とテンション次第で、発声練習代わりに「も○のけ姫」を投入することもあります。もののぉぉぉけぇぇぇーたちいぃぃぃーどぅわぁけぇぇ――!(ただの不協和音)


erjsaitmaさん>
二時間半の暇潰しに役立てたとは自分もびっくり。感想ありがとうございますーv
じゃあ次は新幹線の中で読んでいて飲み物吹き出せるような作品書けるよう頑張ろう!(努力のベクトルが激しくずれている)
しかし二時間半といえば、ちょうど厚めの単行本を一冊読破するぐらいですよね。確か長編SWAYでワード約180枚ぐらい=薄めの単行本一冊分だから……ちょ、どんだけ印刷したんですかw


14日0:00の方>
そうです。例の凹みマルス話です。ニコニコ。
まぁ上で述べたとおり、あんまり凹んでるように見えない王子ですけど……。
精神的死を迎えたマルスを蘇生させるまでの、空白の半日の間に何が起きたのか!?、というネタでももう一本書けそうですね。これは。


14日1:54の方>
いいえ、メタナイト卿は擬人化時の肉体年齢・精神年齢共に20代という私的脳内妄想設定があるので、子供軍団にはカウントされません。
例え子供軍団の輪に入れても、ネスにいびり倒されるから近寄れません。そんな微妙に弱い立場のめたきょんが私は大好きです(※そんなことは聞かれていない)





続きはネタバレ満開ギルティギア2プレイ日記。
ストーリーも折り返しを越えて、後半へ入ってきました。


ギルティギア2プレイ日記 ~駄目だこのマスター、早く何とかしないと~

ペケ箱が姉所有なので、オンライン対戦が自由にできません。(´・ω・`)
仕方が無いのでCPUに相手してもらって、完膚なきまでにボコボコにされました。

今のところお気に入りマスターはソルです。「イエース、ボース」とか「タラコー(※空耳)」とか機械的に報告するサーバントが可愛くて可愛くてv特に「でかい・動かない・使えない」の三拍子を揃えた巨大ロボギガントたんと、見た目が確かにようかんに似ているブロックヘッド、ムチャクチャ足が速いクイーン様。
世間ではパッチ配布による改良で、ゴーストを味方同士で共有化できるようになったそうな。
ということはマナが沢山懐に入って、ギガントたんを召喚しやすくなるということか!(えぇー!?)
一度でいいから某動画で、健気に働くギガントたんを見てみたいものです。

ちなみに私はとあるCPUとの対戦で、クイーンの契約と間違えてギガントたんと契約してしまい、頭を抱えたことがありました。400マナ浪費したぁぁぁぁ!と。
一応召喚して、適当な道に進ませたところ、丁度マスターゴーストに接近していた敵近接兵の囮になってくれました。おや、なかなか頑張るじゃないか、ギガントたん。




***



Mission14
「たまには本気の狐耳」

まるでヒロインの如く連れ去られたシンは、ヴァレンタインと共にベルカントヴァレイに。どうやら鉱山系の谷でしょうか、そこらへんをトロッコが走り回っています。

ソルとイズナがシン達を追いかけてきたものの、通路のあちこちに結界が張られて進めません。非常に困った事態ところで、遂に昼行灯イズナが立つ!
友達の窮地に立ち上がらない奴はただのささみチキンだ!とカッコよく言ってのけるイズナ。しかし「ささみチキン」なんて例え聞いたことありませんよ。
めさめさギャグテイストなソルの反応はさておき、イズナ操作で大規模戦闘。今回はゴーストを占拠することで、通路の結界をサーバントに少しずつ壊してもらえます。要するに少しずつ進撃して、最終的に全部のゴーストを占拠しておけばいいってことね。

まずはイズナの接近兵サーバント「河童」を二軍団召喚し、それぞれ内側と外側の二つの通路へ向かわせます。私操作のイズナはたまたま飛び込んだ外側の通路へ。
しかしイズナが同伴している外ルートはともかく、河童さんだらけの内ルートは戦力的にいろいろ心配です。
確か近接は、装甲か射撃タイプの兵に出会うとボコボコにされてしまう筈。マナを確保したら、新しく機動兵「猫又ちゃん」と契約。さぁおいでませ猫又ちゃん!これで装甲兵に遭遇しても一安心ですね。戦況が優勢だと「べらぼうに弱いヨ~」と言ってしまう猫又ちゃんがかぁいい、とにかくかぁいい。
いっそ全兵力を猫又ちゃんにしようかとアホウな衝動が湧き上がるも、戦略どころの話じゃないのでやめておく。もう少しイズナ操作に慣れたら狙ってみます(おぃ)


では戦場に話を戻しましょう。
内ルートに兵力を集中しすぎたせいか、外側ルートの兵の数が少なくて厳しい戦いになってきました。ルートを半分ほど制圧したところで、いつのまにか河童さんが全滅しており、猫又ちゃんは敵の近接兵に苦戦気味です。ここでいったん後退命令を下し、近接兵に強い装甲兵「なまはげ」を契約召喚!
地図上に現れるなまはげ三体。


……来るのが遅い!


まぁ体力と防御力に優れる兵ですから、足が遅いのはお約束。逆走してなまはげを迎えにいくイズナ。
なまはげを連れて戻ってきた瞬間、猫又ちゃんの一人がヴァレンタイン軍の牙に倒れる……。


猫又ちゃん敗北ボイス→「ごめんねおやびーん……


ぬおおぉぉ!貴様ら、うちのかぁいい猫又ちゃんに何てことをぉぉぉ!
なまはげ三匹を再召喚し、怒涛の勢いで敵を薙ぎ倒すイズナ!おやびんようやく本気だぜ!(正確には私が)
ちなみに同時刻、内ルートでヴァレンタイン軍と激突した河童さん達は「無理っぽいですわ」と弱音を吐いておりました。お願いだから、生きることを諦めないでください。
そんな河童さん軍団にもなまはげの増援を送り届けます。どうにか態勢を立て直した後、二ルートからどんどん進軍。イズナが内と外の交互に自軍の応援に向かい、いつしか迷子になっている間に、全ての結界をサーバントが破壊してくれました。本気を出した昼行灯、最後は本人の全く与り知らぬところで戦闘終了です。



***



Mission15
「ソル流教育的指導」

結界を破ったものの、時既に遅くシンはヴァレンタインに洗脳されておりました。あんなに白い衣装も、殺意の波動で真っ黒です。
ここでヴァレンタインが、シンはもう私だけのもの発言。おぉーっと、来ましたシン×ヴァレフラグ!いや、まぁシンには「鍵」として存在価値があるから気に入ってるだけかもしれませんが。しかし食欲旺盛なアホの子と、感情欠落気味の女の子という組み合わせはたまりませんね(思考がなんだかオヤジくさいにょろ太)

ヴァレンタインは一足先にバックヤードへ。シンはソルと殺し合う気満々です。今までオヤジオヤジと慕っていたのに、急に呼び捨てになりました。嗚呼、第二次反抗期。
あまりにもあっさり洗脳されたシンに対して、ソルは「サバイバルの教育に偏りすぎたか」と軽く反省……しているようなしてないような。賞金稼ぎとして共に生きる為だから仕方ないとはいえ、友人兼ライバル兼王様の息子をそんな野生的な方面に育てて良かったのだろうか。

とりあえずシンを黙らせようということで、タイマンバトル開始。イズナは観客です。
試合開始時、遠距離を保ったまま様子見していると、シンは母方譲りのレーザービームを連発してきました。最初は横ステップで回避していましたが、普通に歩いても避けられる様子。シンの声を合図にビームから逃げつつ、戦場の隅に配置されている宝箱を回収します。
中身はL-ポーションにT-ポーション、そしてラピッドファイアが二つ。

ラピッドファイア:一度の使用で連続ヒットする小型ミサイル

きっとラピッドファイアで相手が仰け反っている隙にコンボをブチ込めという、神のお達しですね。DMCと違ってアイテム使用はペナルティにならないので、遠慮なく使わせていただきます。
技の出だしを潰すか、出した後の硬直時間中を狙ってラピッドファイア発射!すぐにショートダッシュで距離を詰めるか、空中ダッシュ後の振り下ろし攻撃で追撃します。
ラピッドファイアを使わなくても普通にシンと殴り合いできますが、シンはカウンター系の必殺技を持っているようで。食らうとこれがなかなか痛い上、L-ポーションは一本しか置いてないなので、確実にクリアするならラピッドファイアを使った方が良さそう。
ちなみに旗が一度光を纏った後の振り下ろしor薙ぎ払い攻撃はガード不可能。薙ぎ払いはジャンプで避けられるので、空中ダッシュで距離を詰めて反撃のチャンスにしやすい。

半分近く体力を減らすと、赤い殺意のオーラを纏いだすシン。試しに斬りかかったところ、逆に旗でぼこすけに殴られました。赤いオーラを纏っている時は仰け反り耐性がついている上、防御力も格段に上がっています。ラピッドファイアを撃っても情けない数字しか叩き出せません。
かくなる上は逃げるしか!戦場の隅っこへ下がり、ロックオンしたままシンの周りをぐるぐる。ついでにスキル「クリムゾンジャケット」も使用。防御力が向上するので、様子見にはもってこいですね。
シンがさんざんレーザービームを撃つと、暴走の反動でふらふら状態になります。
T-ポーションでテンションを回復し、御託は抜きのタイランレ――イヴ!!(どばごーん)
きっと戦場の外ではイズナが「あんさん鬼だ!」と叫んでいることでしょう。反抗期の子供に大変厳しいソルです。
あとは最初の戦法に戻ってバトル。ただし後半はレーザービームがときどき強化されます。発動までの時間が長いので、回避のタイミングが狂いやすい。コンチクショウめ。
ついでにシンが覚醒必殺技を複数回ぶつけてきました。こちらは予備動作が長いので、長距離ダッシュでぐるぐる回って逃走すればOK。何度か宝箱に蹴躓いてひっくりこけ、リトライしました。コノヤローめ。
覚醒技の嵐を越えれば、あとはまた最初の戦法を続けるだけですね。タイランレイヴの使いどころを工夫すれば、もしかしたら覚醒技連発タイムを迎えることなくシンが倒せるかもやも?

さんざんどつかれたシン、倒れる直前に正気に戻る。

シン「お、オヤジ……俺は……?」
ソル「まだ正気に戻んねぇのか(げしげし)」
シン「ちょ、痛い痛い!」

執拗にシンを蹴飛ばす保父さん。もはやドメスティックバイオレンスの領域に片足一本突っ込んでますが、どつき合いが日課と化しているサバイバー保父+野生児にとっては問題ないやり取りかもしれません。



スポンサーサイト
プロフィール

紫天にょろ太

Author:紫天にょろ太
アバウトお気楽マイペース。
座右の銘は「明日できることを今日するな」。
欲しいものは知恵のトライフォース。
二次元キャラに限った人格破綻者愛好癖と慢性的睡眠不足を抱えている。治療は恐らく不可能。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。